貧血症状ナビ

 

貧血症状ナビでは

  • 貧血って何?
  • どんな症状があるの?
  • 何が原因なの?
  • どうやって対策したらいいの?
  • 効果的な食べ物は?

というみんなの疑問を詳しく説明!
貧血予防・改善に効果的なサプリメントの紹介もしていきます。
詳しいことを知り快適な生活を送りましょう!

 

怖い貧血症状一覧

貧血とは、血液を構成するヘモグロビンが不足した状態のことです。
まず貧血にはどのような症状があるのかを見ていきましょう。
女性に多く見られる貧血ですが、貧血による症状には意外なものもあります。

 

代表的な症状

貧血の女性

貧血の代表的な症状がめまい、立ちくらみです。

貧血になると、酸素を全身に運ぶ役割のある血液が不足するため全身が酸素不足になります。
それを補うために心臓や肺の負担が大きくなるので、めまいや立ちくらみ、さらに動悸・息切れ、疲れやすいといった症状につながります。
また、全身の血液が不足することで顔色や唇の色が悪くなる、という症状が出ることもあります。

 

口内炎・口角炎

口の中の粘膜は常時、新陳代謝を繰り返しています。
ところが、貧血になって細胞への酸素の供給が滞るとこの細胞の新陳代謝が鈍くなります
そうすると、免疫力が低下して口内炎や口角炎といった症状が引き起こされやすくなります。

そうでないと思っていても、多くの女性の悩みである肌荒れ、爪割れなども貧血のせいなのかもしれません…
それでは次に貧血による怖い症状をみ見ていきましょう。

赤色平滑舌

食物がしみる女性

赤色平滑舌とは、舌の表面がツルツルになって、ものを食べるとしみるといった症状のことです。
舌の表面にある舌乳頭という小さな突起が委縮するために起こります。
食べ物がしみる症状の他にも味覚異常や食べ物を飲み込みにくくなる場合もあります。これも免疫力の低下が原因で起こります。
この症状が起こる場合は貧血の他にもシェーグレン症候群や口腔乾燥症、ビタミンB複合体欠乏症などの疑いもあります。

 

寝る時に手足をムカデが這っている感覚

貧血になると神経伝達物質が正常に働かなくなり、触覚などの神経の信号が脳に正常に伝わらなくなってしまいます。
そのため、触られてもいないのにいつも触られているような感覚を覚えたり、手足をムカデが這っているような幻覚を感じたりすることがあります。

 

氷食症

貧血の人は無性に氷が食べたくなることがあるそうです。
それも、ジュースに入っている氷を食べるといったレベルではなく、1日に製氷皿1皿以上の氷を食べるようになります。
これについては、貧血による酸素不足で脳に十分な酸素が届かなくなり自律神経の働きが狂うため、とも言われていますがはっきりしたことは分かっていません。

貧血症状の原因は?

こういった症状の主な原因は鉄分不足からくる貧血です。
それでは何故鉄分不足になってしまうのでしょうか、
貧血の中でも最も多い鉄欠乏性貧血の原因を探ってみましょう。

 

鉄の摂取量不足

ハンバーガー

貧血の原因の一つに、偏食やダイエットによる鉄の摂取量不足が挙げられます。
食事として外食やファーストフードばかりに頼っていると栄養が偏って鉄分不足になってしまいます。
外食やファーストフードでは鉄分の含有量の多いレバーや煮干し、しじみなどはあまり食べないのではないでしょうか。
また、食事と一緒にタンニンの含まれるお茶やワインなどを飲むと鉄の吸収が阻害されてしまいます。
一日に必要な鉄の量は成人男性や閉経後の女性で1r、成人女性なら1.2rですが、食事からの鉄分摂取率は10%程度なので、食事から10〜12rの鉄分を摂らなくてはいけません。
意識して鉄分を摂取するようにしましょう。

 

鉄の排出が多い

妊婦

女性は月経によって大量の出血をします。その際に鉄分も多く体外に排出されてしまいます。
だから成人女性の一日に必要な鉄の量は多いのです。
また、妊娠した時にも赤ん坊の赤血球を作るために多くの鉄を必要とします。
そのため、妊婦さんの一日に必要な鉄の量は1.8rとされています。鉄分は体内で作り出すことができないので、意識して鉄分を摂取しないとすぐに鉄不足になってしまうのです。

 

病気によるもの

貧血は他の病気によっても引き起こされます。
十二指腸などの消化器が正常に働いていないと鉄の吸収が上手く行われずに鉄不足になってしまうことがあります。
また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、子宮筋腫など慢性的に少量の出血をするような病気が原因で貧血になることもあります。
これらの慢性的な出血は鉄欠乏性貧血になる原因として最も多いものです。
成人男性や閉経後の女性が貧血になる場合は何らかの病気で出血していることが多いので、病院で検査を受けてみるといいでしょう。

貧血症状を予防・対策するための方法

近年では特に外食をすることが多い方がほとんどで貧血になる人も多く、とても身近なトラブルです。
それだけに貧血の人は慣れてしまって、いつものことと軽視してしまいがちです。
しかし、貧血は重篤な病気のサインである場合もあるのです。
たかが貧血と侮らないで、しっかり予防・改善していきましょう。

食事を改善する

和食

最も効果的な貧血の防止策は食事を改善することです。
食事からしっかり鉄分を摂取することが最も手間がかからずお金もかからない方法なのです。
まず、五大栄養素を偏りなく摂るようにしましょう。
特に鉄分はもちろん赤血球を作り出す良質なタンパク質も不足しないように気を付けなくてはいけません。
また、食事はゆっくりよく噛んで食べましょう。
よく噛むことで胃酸が分泌されて鉄の消化吸収を高めます。
胃腸に負担のかかる多食や過食をすると、消化吸収能力が下がってしまいますから、鉄分不足になりやすくなります。
食事を改善すれば鉄不足になることはありませんし、今後の貧血予防に最も改善すべきポイントです。

 

(詳しくは貧血の食事.netを参考にしてください。)

 

 

アロマを利用する

気分のリフレッシュなどに効果があると最近人気のアロマテラピーですが、貧血に効果があるものもあります

  • ローズマリーやローズウッド

    血行を良くしてくれます。

  • レモン

    赤血球に良い刺激を与えるので貧血に効果があることで有名です。

  • ラベンダーやカモミール

    薬効に優れていて、貧血の予防・改善に役立ちます。

貧血に効果的な食事とサプリ

貧血予防や貧血対策は、体の中から行うと効果的です。
そのためには鉄分をしっかり摂取しましょう。まず、食事を改善することです。
上記でもあるように、サプリを利用して鉄分不足を解消することもできます。
最後に貧血の改善策である効果的な食事方法とサプリをご紹介します。

 

食事で鉄を摂る

1日で摂取すべき鉄分は10〜12rです。
男性や閉経後の女性の場合は栄養バランスの良い食事を心がければあまり足りなくなることはないのですが、外食やコンビニ弁当ばかりの人は注意が必要です。
また、月経のある女性や妊婦さんの場合は積極的に鉄分を摂るよう心がけましょう。

鉄不足に効果的なのは、鉄はもちろん、血液の素となるタンパク質、鉄の吸収を高めるビタミンCも一緒に摂ることです。

また、ビタミンB12、B6、葉酸も増血効果があるのでおすすめです。
これらを多く含む食材としては
レバー、牡蠣、鶏卵、カツオ、赤貝、菜の花、イワシ
などがあります。こういった食材を積極的に摂取して鉄不足を解消しましょう。
レバー牡蠣卵菜の花

 

驚く女性

鉄には種類がある

鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄があります。
吸収率がヘム鉄は10〜20%なのに比べ、非ヘム鉄は1〜6%です。

 

非ヘム鉄は
ほうれん草、ひじき、油揚げなどの野菜や海草など植物性食品に含まれています。
非ヘム鉄は体に吸収されにくい構造になっていて
還元物質であるビタミンCや消化酵素、胃酸などによりヘム鉄に変わり、初めて吸収されます。

 

鉄の吸収を妨げるもの

鉄の吸収を妨げるものを鉄と一緒に摂取しては、せっかく摂った鉄が有効に活用されません。
それは、まずタンニンの入った緑茶やコーヒーです。
これらを食事と一緒に飲む人も多いと思いますが、貧血の人は止めておきましょう。
また、乳化剤や安定剤として使用されるリン酸塩を含むもの(ハムやソーセージ、インスタント食品など)、ビールなどの炭酸飲料、シュウ酸を含む茹でていないホウレン草、フィチン酸塩を含む大豆や発芽していない玄米なども鉄の吸収を阻害します。
ただ、これらは1時間程度時間を置けば摂取しても大丈夫です。
アルコールの摂取も、食事の一時間後以降にしましょう。

 

 

 

実際に、忙しい毎日の中で気を使って食事をするのは難しいですよね。
食べた鉄分が全て体に吸収されるわけではないので
食事だけで1日に必要な10〜12rの鉄分を摂るのはとても大変です。
嫌いなものばかりで食べれない方や食べ合わせを考えるのが大変だと思う方にも簡単に取り入れられるサプリがおすすめです。
ただ、どのサプリメントでもいいわけではありません。貧血に深くかかわっている葉酸やビタミンB12なども含まれているものがおすすめです。
ただ、鉄分の過剰摂取は副作用を起こすことがありますから、飲みすぎないようにしましょう。

貧血に効果的なサプリを摂る

美めぐり習慣

だけでなく葉酸ビタミンC,ビタミンB6、ビタミンB12の入った
美めぐり習慣が貧血の予防と対策に効果的なサプリです!

 

主な特徴
  • 小さな粒で飲みやすい!

    ≫大きな粒が苦手な方でも飲みやすい!

  • 1日分5粒で10rの鉄が摂取できる!

    ≫必要量を満たしてくれる!

  • 体に吸収されやすいヘム鉄100%!

    ≫普通の鉄分より吸収率が6倍も高い!

  • オーガニック生姜配合!

    ≫体の隅々まで鉄分を届ける!

  • 保存料・着色料・香料ゼロ!

    ≫無添加だから安心して飲める!

  • 妊婦さんでも服用できる!

    ≫色々と気を使わなければいけない妊婦さんでも安心!

 

美めぐり習慣公式サイト

 

鉄分の摂取も継続することが大切です。
飲みやすい粒で嬉しい事が詰まった美めぐり習慣ならみなさんの悩みも解決できます!
しかしファーストフードなど、外食ばかりで完全にサプリに頼っていてはいけません。
サプリメントはあくまでも補助食品です。
毎日きっちり食事で鉄分をとるのは難しいですが少しずつ改善していき、その上でサプリメントも取り入れればより良い生活ができると思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

これまでに症状、原因、予防・対策・改善方法をご紹介してきました。
その中で私自身も知らなかった事も多く、口内炎など日常で起こることも貧血の症状の一つかもしれないということがわかりました。
失ってしまった鉄分は意識して摂取しなければ自然に元には戻りませんが、
食生活を見直すことで改善できることもわかったので、これからは私自身も気を付けて生活していこうと思います。
体に支障が出ていると気分も下がってしまうので、今後はできることから予防・対策していきたいです。
今まで貧血に悩んでいた方は、快適な生活を送るために私と一緒に頑張っていきましょう!